ぶりだいこん

20代前半、寝不足が原因のくすみとクマと時々にきび。最近、色白だねと女子力高めの先輩に褒めてもらえました。ゴルフと韓国と日々のつれづれ。

【韓国旅行③】国際電話の壁を乗り越えた先に待っていたもの【三泊四日@二日目】

f:id:beetly845:20181104223332j:plain

交代式を見るのは無料です。

 

50間近な両親を連れての韓国旅行、二日目。

 

beetly845.hatenablog.com

 (↑1日目のスケジューリング)

 

【2日目スケジュール】

景福宮

②宮廷料理(チファジャ)

③昌徳宮

 

朝、明洞あたりで有名なおかゆ屋さんで食べてからいくか~と呑気に9時近くに到着したは良いけど、激混み…Orz

基本的に、おなかが空くとすぐ機嫌の悪くなる、うちは家族喧嘩勃発。

考えてみれば友達と、行った時は7時にはお店に入ってたんだから、そりゃ良い時間じゃこむよなと反省。並ぶか、別のところに行くかも悩んだけど、母親の絶対見たい王宮守門将交代儀式の時間を考えると間に合わない!ってこともあり、機嫌の悪い母親を連れ、急いで景福宮まで。

(徳寿宮でも良かったじゃない…なんて声が聞こえそうだけど、お昼のスケジュール的に景福宮が良かったのさ…)

 

そんなわけで景福宮、王宮守門将交代儀式開始時刻、ぎりぎりの10時5分前に到着!

既に、列が結構形成されていました。平日でも、3列は軽く並んでいる状況だったので、土日とかに行くならもっと前に到着しないとダメだと思われ。

 

ちなみに、王宮守門将交代儀式。

火曜日と悪天候を除き、10:00~と14:00~で時間はだいたい20分程おこないます。

(徳寿宮は、月曜を除き、11:00~、14時、15:30だそうです)

 

英語と日本語、中国語の音声ガイド有り(だったはず)で、再現される儀式は、いかにも観光客向け感やばいんですが、普通に面白いです。

てか、安定のカラフルな色使いが良いよね。

 

20分ほどで儀式も終わり、その後は中を見学。

皆さん、考えることは同じらしく、普通にやはり混んでいました(笑)

儀式前に、チケット買っておくのもありかもです。

 

韓国、観光で一つ注意なのが。

景福宮などのお宮に限らず、タクシー使用しないとかなり歩くし、坂道が急に日本以上に現れるし、駅は基本的に階段なので、疲れます

初日で、母親は足が疲れたと泣いておりました。ごめん、詰込み型で…。

後、あんまり座るところがないよね。。。

 

f:id:beetly845:20181104225542j:plain

 

景福宮を楽しんだ後は、12:00から予約をしていた、チファジャさんへ。

ここは、景福駅から徒歩だと20分程のお店です。

 

チファジャさん、予約しようと決めたのが旅行に行く直前だったのもあり、コネスト予約で一回その時間だと無理です、とはねられたお店。

(コネストさんで予約するなら、基本返事が翌営業日になるので、いける時間は沢山書いておいた方が取れる率があがる、と思います)

とはいえ、どうしてもここも行きたいと母親のお願いにより、何故か私が国際電話で本当に予約がもうとれないのか聞くことになったお店でもあります(笑)

 

緊張しながらかけた国際電話。

日本語話せるスタッフがいるらしい、と一抹の希望にすがってかけましたが、残念かけたときはイケボの英語スタッフしかいませんでした。

 

流石、人間国宝がいたお店なだけあって、人気店。

そして、宮廷料理って基本的に、とんでもスローペースなコース料理なので、夜はやはり満席。お昼なら空いてるけどどうする?と聞かれ、お昼に予約をとりました。

仕込みの関係上、予約の段階で、どのコースにするのか、どの料理にするのかも決めておいた方が早く提供できると言われたので、一度折り返しに。

http://www.jihwajafood.co.kr/

チファジャURL↑

(日本語表記あります)

 

今回は、錦中湯というアワビとか海鮮が入った鍋っぽいスープが食べたかったのもあり、進御別晩餐と、単品で九折坂(前述であげている写真です)を。

メニューを参照していただけるとお分かりになると思いますが、コース料理以外にも結構あるので、予算に応じた選び方ができます。

 

f:id:beetly845:20181104231922j:plain

錦中湯。

 

景福宮でタクシーを拾って、お店に向かうと事前に日本語…とつぶやいていたおかげか日本語スタッフが待っていてくれました(笑)

 

料理、本当に美味しかったです。

いや、こんなん食べてたらそりゃ王様長生きするわ…。ってな感じ。

優しい味付けで、目にも楽しい細工が施されてる料理は、五感が喜ぶクオリティーでした。アワビ粥はびっくりする位みどり色だったり(キモで色付けている)白菜のつつみキムチは、白菜キムチが器で、中に海鮮キムチが入っている仕様。

 

お酒まで美味しいって何事だろうって楽しく食事をしました。

サービスもやっぱりお金とるだけあって、素晴らしかったです。

 

ちなみにというか、やっぱりというか、国際電話をかけて個人で予約をするお客さんってそうは多くないらしく、店員さんから、どこでこのお店知ったの?とアンケートが入りました。

店員さんにタクシーを拾ってもらい腹ごしらえの後は、昌徳宮へ。

 

余談だけど、店員さんが思いっきりタクシーのおじさんにおまえのこと見てっからな、きちんと連れてけよ的な事を韓国語で伝え、私たちに笑顔で、反対側につくと思うけど、最短ルートだからねと言ったあたりでぼったくりとかまだまだあるんだろうなあとぼんやり。

 

流石スローフード

食べ終わりは、だいたい3時間近くたっていました。

 

昌徳宮の後苑を見るには、専用ガイドをつけないといけなく、狙っていた英語ガイドはぎりぎり間に合いそうな時間についてはいたんですが、初日の疲れを引きずる私たちは、今回は見送ることに。(ちなみに、日本語は、13:30のみです)

 

本当は、昌徳宮の後に、三清洞とかも行こうか~なんて予定は立てていた(昌徳宮がある安国駅から徒歩圏内)のですが、こちらも見送り、ロッテ免税店にお土産を見に行きました(笑)

 

歩ける人は、三清洞もなかなかに趣のある良さげな場所なのでチェック必須だと思います~!